読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koogawa log

iOS、Android、foursquareに関する話題

iOS用のCIサービス「Bitrise」を使ったメモ

CI iOS Xcode

Github のプライベートリポジトリにも対応したCI(Continuous Integration)サービスを探していたところ、Bitrise というサービスを見つけたので使ってみました。

www.bitrise.io

料金

無料プランがあります。ただし、次の制限があります。

  • 2 team members
  • 200 builds / month
  • 1 concurrent build
  • 10 min build duration

個人で使う分には十分だと思いました。

Pricing - Bitrise

特徴

Bitriseの最大の特徴は、ひとつひとつのStepを「Workflow」に追加していくところです。

f:id:koogawa:20160131103745p:plain

GUIベースで作業の順番を編集できるのが面白いですね。

できること

  • Unit Test 実行
  • Archieve作成
  • iTunes Connect へのアップロード
  • Cocoapodsにも対応
  • Slackに通知

他にもいろいろできます。

Bitrise - Mobile Continuous Integration and Delivery - iOS & Android Build Automation

今回のゴール

Github の develop リポジトリにプッシュされたタイミングで Unit Test 実行。常にテストが通る状態にしておきたかった。

やったこと

まずは、Bitriseにサインアップするところから。次のQiitaがとても親切でした。

Xcode - iOS用のCIサービスBitriseを使ってみた - Qiita

あとは画面に従っていくだけで、比較的簡単にCI環境が作れてしまいました。

必要になったもの

  • テスト実行可能なXcodeプロジェクトが置いてあるGithubリポジトリ
  • ビルド用のプロビジョニングプロファイル
  • プロビジョニングプロファイルに対応したCode Signing Identity(.p12)とパスフレーズ

ハマった点

Xcodescheme が見つからない!というエラーに悩まされましたが、ドキュメントにちゃんと答えがありました。

Xcode scheme not found · Bitrise

Github

*.xcworkspace/xcshareddata/xcschemes/SchemeName.xcscheme

が上がってなかったのが原因でした。

f:id:koogawa:20160130222529p:plain

無事、テストが通りました。

所感

  • ビルド回数などに制限はあるものの、個人として使うには十分
  • 業務に投入する場合は有料プランを検討しても良さそう
  • GUIベースでいろいろカスタマイズできるのは嬉しい
  • 最新のXcodeに対応しているのが嬉しい

参考にさせて頂いたサイト