読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koogawa log

iOS、Android、foursquareに関する話題

#devsumi コーヒースポンサーのすすめ

2月13日〜14日の2日間、目黒雅叙園で開催されたDevelopers Summit 2014デブサミ)に参加してきました。

講演関連資料はこちらにまとめられているようです。

今回は初めて「コーヒースポンサー」に登録してみました。

登録料はかかりましたが、それを超えるくらいのメリットがあったので、以下に詳しく書いてみます。

1. 事前予約不要

デブサミの全セッションは事前予約制ですが、コーヒースポンサーは予約が必要ありません。会場入口で専用のIDパスを見せるだけで中に入れてもらえます。

f:id:koogawa:20140214143026j:plain

あと、これは後から知ったんですが、コーヒースポンサー専用の受付が部屋ごとに用意してあり、待ち行列に並ぶ必要が無いらしいです。私はこれを知らずに毎回並んでいました(^^; *1

2. 各会場にコーヒースポンサー席が用意されている

実はこれが一番美味しいメリットでした。各会場の最前列もしくは2列目にコーヒースポンサー席が用意されており、コーヒースポンサーは優先的にその席に座れます(セッション開始5分後にその権利が消えるシステム)。人気のセッションになると、立見が出るほど混雑するので、このシステムは非常にありがたいです。

f:id:koogawa:20140214143102j:plain

席には電源付きのテーブルが用意されているので、PCのバッテリー残量を気にすること無くセッションに集中することができます(テーブルがあるのは前から2列のみ)。テーブルがあることで、セッション中も安定してメモを取ることができました。

3. スポンサー控室が利用できる

コーヒースポンサーには専用の控室が用意されます。

f:id:koogawa:20140214143133j:plain

「コーヒースポンサー」と言う名前の通り、ここでは好きなだけコーヒーが飲めますw セッションの空き時間にゆっくりコーディング作業、なんてことも可能です。

f:id:koogawa:20140214143201j:plain

中には仮眠を取られている方もいました。

4. いろいろもらえる

コーヒースポンサーになると、デブサミ特製タンブラーと翔泳社さんの書籍が1冊もらえます。

f:id:koogawa:20140214143237j:plain

特製タンブラーは各セッション会場にも持ち込めるようです。私は使いませんでしたが、コーヒーを飲みながらセッションを聴きたい人には便利かもしれませんね。

5. OpenJamに参加できる

コーヒースポンサーは、デブサミ当日にOpenJamスペースで開催されるアンカンファレンスに発表者としてエントリーできます。(先着順)

f:id:koogawa:20140214143311j:plain

私は発表する勇気がなかったので、特に利用しませんでした。

6. デブサミのサイトにアイコンが載る

コーヒースポンサーになると、デブサミ公式サイトのトップにアイコンが載ります。リンク先も指定できるので、自分のブログ等を宣伝するのに良いかもしれません。私はリンク先をブログに設定しましたが、少しですが、ここからの流入がありました。

f:id:koogawa:20140214143856p:plain

また、各会場の画面にも時々表示されていました。

最後に

それなりのスポンサー費用はかかりましたが、コーヒースポンサーに登録してよかったと思ってます。MaciPhoneのバッテリーを気にせず、ゆっくりセッションを聴きたい方にはぜひオススメしたいです。来年も余裕があればコーヒースポンサーとして参加したいと思ってます。

あと念のため書いておきますが、私はデブサミ関係者ではありませんw(ステマじゃないのよ)

*1:まぁ、たとえ知ってたとしても気まずさから並んでいたでしょう